静岡県農業協同組合中央会
静岡県の食と農の総合戦略を企画し先導していくミッションを担う静岡県農業協同組合中央会(JA静岡中央会)。 JA静岡中央会は、農産物・畜産物を作ること・食べることに関する諸問題に正面から立ち向かい、「農家組合員が安心して農業経営を継続できる環境づくり」や「地域が必要とするサービスの提供」に力を入れている。人と人との連携を大切にしながら、静岡の農業の新しい未来を切り拓いていく頭脳と機動力を兼ね備えた精鋭集団だ!

人事担当者インタビュー No.1


1.JAとは、どのような組織なのですか?

JA(農業協同組合)は、相互扶助(助け合い)の精神のもとに農家の皆さんの農業経営と生活を守り高め、より良い社会を築くことを目的に組織された団体です。この目的を達成するために、JAでは農業経営・生活に関する指導、農畜産物の共同販売や農業生産・生活に必要な資材の共同購入、貯金の受入、農業生産資金や生活資金の貸付、万一の場合に備えた共済等の事業や活動を行っています。

JAの事業

人事担当者


2.静岡県JAの特徴は何ですか?

静岡県は温暖な気候と豊かな自然に恵まれ、1年を通じて多彩な農産物が作られています。野菜や果物、畜産といった生産品目数は167品目と全国第1位です。そのため、各JAの営農指導員が多彩な作物に対応した農業経営支援を行っています。また、県内JAは経営が安定していることも特徴ですね。


3.JA静岡中央会はどのような役割を担っているのですか?

会員である県内17JA・4JA連合会(信連・経済連・厚生連・共済連)の発展を目的として、静岡県JAグループの総合戦略を企画・実践しています。
環境が変化する中でも会員を強力にリードして適時的確な提案や支援を行うために、4つの機能【「代表機能」・「調整機能」・「指導機能」およびその土台となる「企画機能」】を担っています。

組織図


4.JA静岡中央会の事業内容を教えてください。

(1)経営計画策定指導
本県JAグループの中期経営計画や単年度経営計画の考え方を示し、JAでの計画策定を指導しています。

(2)農業経営指導
農家の所得向上と地域農業の振興を図るため、各JAとともに農業現場へ出向いて、本県農業の実践モデルの構築などを行っています。

(3)JA経営指導
JAの健全経営により組合員・地域住民からの信頼を高めるために、経営管理体制や財務基盤強化、人事・労務管理などの指導を幅広く行っています。

(4)監査事業
JA・連合会の健全な発達を目的に、農協法に基づく財務諸表監査などを実施しています(実施主体はJA全国監査機構)。

(5)JA役職員教育事業
本県JAグループ役職員の人材育成を図るため、役職階層別のさまざまな研修や職員資格試験等を実施しています。

(6)広報事業
JA提供テレビ・ラジオ番組、テレビCM、新聞広告等を企画・制作し、農業やJAへの理解促進、JAのファンづくりに取り組んでいます。

(7)組織指導
地域農業の若手担い手の集まりであるJA青壮年部、食や農に関心のある女性の集まりであるJA女性部の組織活動を支援しています。

(8)協同活動推進
県下全JAの全支店の職員が組合員や地域住民と一緒に企画・実施する、食農教育活動や地域活動への参加等といった協同活動を支援しています。

(9)農政活動
自然災害からの復旧など、生産者の自助努力だけでは解決が難しい農業・農村の課題について、県や国等へ政策の要請活動を行っています。

人事担当者インタビュー No.2

5.今、力を入れていること、そして目指していることは何ですか?

人事担当者

『静岡県JAグループ 自己改革実践計画』を作成し、『農家組合員の農業所得の向上』と『地域社会への適切なサービス提供』を実現するため、投入する経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)を向こう5年間(平成27年度~平成31年度)で30パーセントアップすることを目指しています。私たちは「農家組合員が安心して農業経営を継続できる環境づくり」や「地域住民の身近な場所で、総合事業を活かした適切なサービスの提供」に一層力を入れていきます。


6.ズバリJA静岡中央会で働く魅力は何ですか?

自分の考えや想いをJAグループに発信できることです。静岡県の食と農の総合戦略を企画し先導していく立場として、JAグループの多くの役職員に「これからこうしていきましょう!」と想いを伝えることができます。若手のうちから責任ある業務も担当するので、やりがいを感じながら日々仕事ができる職場です。自分の考えた企画を実行し、農家やJAの方々に「ありがとう!」と言っていただけることが当会で働く魅力ですね。

人事担当者インタビュー No.3

人事担当者


7.どういう方がこの仕事に向いていますか?また、どのような人材になってほしいですか?

積極的に情報発信をしたい方に向いている仕事だと思います。自ら考え、仕事を進める方が必要です。
また、当会はチームワークを大切にしています。「みんな」で考え、動くことで組織は目指す方向に進めます。部署の先輩、上司を始め、他部署・農家組合員のみなさん・JAやJA連合会・他県中央会といったさまざまなチームで一丸となって、静岡県や日本の農業のために行動することでJAの理念の根源にある「協同の力」を大きく発揮できます。職員ひとりひとりが「農家組合員の所得向上のために何をすればよいか?」、「農家組合員を支えるJAをサポートするためにできることはないか?」等、問題意識を持って仕事に取り組む人材になってほしいです。


8.人材育成について教えて下さい。

入会後、農協や農家組合員について理解を深める研修を受けたり、社会人としての基本的なマナーを習得してもらいます。また、当会の仕事に必要な「農業協同組合監査士」取得のための講習会にも参加していただきます。「農業協同組合監査士」取得後はプラスワンのスキルアップを目指して社労士や税理士、会計士等の公的資格取得を推奨しています。

入会して10年間は幅広く仕事に携われるよう、約3年ごとに部署の異動があります。当会は9事業と幅広い仕事をしているので、若手のうちにさまざまな経験を積み、自分の適性を見つけて将来は当会の中心となる人材になっていただきます。


9.入会後、先輩たちはどのような業務を担当されているのですか?

入会後、一年目の職員が配属される部署はさまざまです。平成27年度入会の職員は農業経営指導や農政活動を行う「農政営農部」と監査事業を行う「監査部」にそれぞれ配属となりました。若手職員は、各種関連団体の事務局や集計・分析だけでなく、セミナー講師や研修会報告者として多くの方々の前に立つこともあります。難しそうな仕事だと不安になる方もいるかもしれませんが、新入職員にはトレーナーとして選任された先輩職員が仕事のやり方や社会人としてのマナーなどを教えていますし、各種研修も充実しているので不安なく業務を進めることができますよ。


10.JA静岡中央会を志望する就活生へメッセージをお願いします。

総務部 主査 今井 慶江さん

■総務部 主査 今井 慶江さん

当会は指導的役割を持った仕事が多いので、「人」を大切にしています。魅力ある方に入会していただき、正組合員である農家の方や各JAから「この人にアドバイスをもらいたい!」といってもらえるような人になってほしいです。

総務部 副部長 杉山 直人さん

■総務部 副部長 杉山 直人さん

現在、農業・農協を取り巻く環境は逆風といえます。
しかし、逆風に逃げることなく正面から一緒に立ち向かってくれる仲間を待っています!

総務部 部長 植村 正徳さん

■総務部 部長 植村 正徳さん

凧は逆風でないと上がりません。
逆風の時だからこそ、凧糸を強く引っ張り、天高く舞い上げるといった気概をもって入会していただきたいです。新入職員から責任ある仕事を任せられます!やりがいがある仕事が当会にはあります!

先輩インタビュー【2015年度入会】
監査部 原田 健二
農学部・共生バイオサイエンス学科卒

1.入会動機を教えて下さい。

先輩

私の就活の軸は「静岡県で就職すること」、「地域貢献」、「農業に関われる仕事」でした。当会は私の軸にぴったりと合っていたので志望しました。


2.入会前と後の仕事へのイメージの変化はありましたか?

静岡県JAグループの総合戦略を企画・実践する仕事なので、入会前は堅いイメージがありました。「職場の雰囲気も堅くて、暗かったらどうしよう…!」と思っていましたが、入会してみると先輩たちが気さくに話しかけて下さり、明るい雰囲気の職場だったのでイメージが変わりました!とても居心地がよい職場だと思います。


3.現在の業務内容を教えて下さい。

私が所属する監査部の仕事は、各JAの会計に間違いがないかチェックすることです。
静岡県には17JAがあり、支店は約400店あります。数人でチームを組み、1ヶ月に10支店を目安に訪問してます。そのほかにも経理や決算書等に関するお問い合わせの対応や監査・研修日程をお知らせする文書を作成したり、監査のスケジュール管理を行っています。


4.職場の雰囲気を教えてください。

監査部はチームで仕事することが多いので結束力もあり、上司や先輩と仲がよい職場です。また、年齢も若い人が多いのでわからないことも相談しやすい雰囲気ですよ!


5.仕事で大変だったことはありますか?どう乗り越えましたか?

入会当初は、監査の仕事の流れや専門用語が全然わからなかったので大変でした。JAの支店で監査を行った時に質問を受けたのですが、質問の意味すら理解できないことがありました。わからないことがある度に先輩に教えていただきながら、知識と経験を積んで、ひとつひとつ自分のできる仕事を増やしていきました。


6.仕事のやりがいを教えて下さい。

仕事をやり終わった後の達成感がやりがいです! これから当会でどんどん新しいことを学んで経験して、自分が成長していけると思うと嬉しく、仕事のモチベーションにも繋がっています。


7.仕事で心がけていることはなんですか?

仕事が円滑にまわるように、一歩先を予測して行動することを心がけています。
私は監査の準備として、どこの支店に誰が何日に入るのかといった監査のスケジュール管理や各JAに監査の訪問日をお知らせする文書の送付も担当していますので、他の人に迷惑をかけないように、余裕を持って仕事を進めることを意識しています。


8.将来の目標を教えてください。

先輩

入会してから優しい先輩たちに助けていただいたので、私も後輩から頼りにされる先輩になりたいと思います!また、将来的には今よりもさらに農業や農家組合員の方と近い立場で仕事ができるようになりたいです。


9.就活生にアドバイスをお願いします。

就活を終えて大切だと思ったことは「自分が何をしたいのか」を明確にすることです。ぜひ「就活の軸」を見つけて頑張って下さい。